So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

8/10 一宮七夕まつり [日本の祭り]

2019年8月10日
今度は大型台風三連発の襲来だという。特に10号はお盆の真ん中に
来るらしい。皆さんどうぞお気を付けください。
一宮の七夕祭りは、日本三大七夕祭りの一つだと言われる。
この時も台風6号の接近で、開催が心配されたが、小生は
開催初日の7月25日に出かけて、撮影できたのでご披露
いたします。

        ①
64tate.png

一宮七夕祭り、案内ポスター ↑


        ②
DSC_0738.JPG
本町通の七夕飾り ↑



       ③
DSC_0733_01.JPG

アンパンマンも活躍 ↑


        ④
DSC_0734.JPG

メイン通りの飾漬け ↑


        ⑤
DSC_0725.JPG

メイン通りの飾付け ↑


        ⑥
DSC_0744.JPG

JR一宮駅の飾付け ↑


        ⑦
DSC_0749.JPG

JR
一宮駅の飾付け(部分) ↑


        ⑧
img_tanabata_001.jpg

近くの真清田神社も飾付け ↑
タグ:日本の祭り
nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7/30 カレーハウスCoCo壱番屋 [和食専門店巡り]

2019年7月30日
 カレーハウスCoCo壱番屋は、日本のカレー専門店チェーン最大手であり
ハウス食品グループの連結子会社でもある。
創業者:宗次徳二と妻直美が、昭和49年(1974)に開業した喫茶店「バッカス」
で出していたカレーライスが好評だったことから、カレー専門店を立ち上げ、以降
45年間で国内に1265店舗、海外に147店舗に拡大し、売り上げ高も440億円
ギネス世界記録にも、世界で最も大きいカレーレストランに認定された。

喫茶店の店主から世界を又に架け活躍する宗次徳二とは如何なる人物か?誠に
興味津々である。「ここ壱45年間の歴史」を振り返ってみた。

        ①
e0790a3d.jpg

カレーハウスCoCo壱番屋 一号店 ↑
今も健在、愛知県清須市西枇杷島町

        ②
r7fW8OxxwzDAR9914nkELAtaqtv5EoRe7vR8OhUbojUTGwmece_A0LbGw9jQMAUfVDkZqQLbXOBGnJPGlwB_dgY_ttoBayaE5tcK5GuYVDjh.jpg

カレーハウスCoCo壱番屋 創業者:宗次徳二氏


        ③
sim.jpg

出版物も多い ↑


創業は昭和53年(1978) 店名は「カレーハウスCoCo一番屋」を開業

1.店名のユニークさ:「カレーならここ一番や」から来ている。

2.カレー・ルーの選択に当たり、ハウス食品製品に決定。後の経営統合(TOB)
  の際には、すでに下地が整備されていた。

3.社員の暖簾分けシステムをつくり、従業員から経営者への昇格制度を確立。

4.フランチャイズ制により国内に1265店舗、海外に147店舗を展開。

5.ハウス食品の世界戦略とCoCO壱のノウハウ双方が合意。(連結子会社化)

6.宗次徳二・直美の引き際の見事さ!!
2015年、ハウス食品の連結子会社化を機に、経営から引退した。
  壱番屋の株23.17%保有している宗次徳二・直美夫妻は保有する株すべ
  てをハウス食品に売渡す見込みで、嬢渡益は220億円と言われる。

7.「私財は相続させず奨学金などに」
  ・NPO法人イエロー・エンジェル理事長。
  ・宗次ホール オーナー。
  ・自身の終活について、早起きを続け、毎日一生懸命生きることが宗次氏の
   終活なのだそうである。私財は相続させず、奨学金やホームレス支援など
   にすべて投じると言う。

★直近のニュースでは、カレー発祥の地インドに進出する。の計画が発表された。
 今後の発展が楽しみである。
 

       ④
tyQvP5FxwzBDkAcWTUtF0hjQ0w7jmtvMz8ZUgB69Sl1ESq1n3nukvewMwI14gd9RWlbBXG3He1bbLah2VmcYJNnFn0yp.jpg

愛知県一宮IC近くにある「ハウスカレーCoCO壱番屋 本社」 ↑
nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7/20 熱帯 スイレン フェスタ [久屋大通庭園フラリエの四季]

2019年7月20日
フラリエの池では熱帯に咲くスイレンが観られる。梅雨明けも近いという
雲天の合い間に切り撮ってきたのでご披露いたします。

        ①
DSC_0676.JPG

フラリエのスイレンを眺める老夫婦が印象的であった ↑

        ②
DSC_0698.JPG

ピンクの鮮やかな一群を ↑


        ③
DSC_0702.JPG

一眼レフを使いこなす女性も多くなって来た ↑



        ④
DSC_0707.JPG

横縞状に並ぶアングルを縦位置で ↑

        ⑤
DSC_0717.JPG

ソロのスイレンと影の対比が気になって ↑


        ⑥
DSC_0711.JPG

三つのスイレンと影に写る三つの白色が画面構成上、面白い ↑
 ↑

        ⑦
DSC_0695.JPG

スイレン三兄弟 ↑


        ⑧
DSC_0722.JPG

帰路 フラリエ北側の花壇に季節の花がいっぱい ↑


nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

7/10 えびせんべい『坂角』 [老舗銘菓巡り]

2019年7月10日
名古屋名産の一つとされる海老煎餅の老舗、 坂角総本舗の「ゆかり」が
主力商品である。海老のすり身を焼き上げたものであるが、その味覚は
海老の香りと味わいが独特なものがあり、一度食すと忘れられない。
創業は明治22年、社名には創業者:坂角次郎(ばんかくじろう)の姓「坂」
と名「角」に由来すると言う。社紋には海老があしらわれていて、洗練され
たデザインである。
平成20年には、魅力ある日本のお土産コンテスト2008で「台湾賞」を受
賞している。海外の観光客が日本土産として購入される方々も多くなった
という。
国内では北から南まで、量販店・百貨店で贈答品として店頭に。業績も順
調に推移、年商105億円を達成した。

TzeqaO5xwzCNkCzIJIImk6ECmzd_n8V.jpg

三河湾の夕景 ↑
渥美半島と知多半島にはさまれた豊饒の海 三河湾。


honten_01.jpg

坂角・本店 ↑ 


honten_02.jpg

主力商品「海老」のメイン・デイスプレイ ↑

         ①
img_01.jpg

坂角の主力商品『ゆかり』 ↑

         ②
220px-コーポレートマーク.jpg

コーポレートマーク ↑


         ③
01021300.jpg

贈答好適品の箱入り外装 ↑
・缶入り(54枚入)¥5292円
・缶入り(32枚入)¥3196円
・箱入り(24枚入)¥2160円
・箱入り(12枚入)¥1080円

         ④
220px-本社外観(小サイズ).jpg

坂角総本舗本社 ↑
愛知県東海市
nice!(21)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/30  広重の本朝名所版画 [浮世絵版画]

2019年6月30日
パソコンの不調で、5日ほど掲載が遅くなってしまいました。ゴメンなさい!

今回の広重版画展の内に『本朝名所』が展示されていた。全15枚揃い物
であるが今回は6枚が展示され、風景画の広重 その特徴が表現されて
いる。歌川広重 40歳頃の作品で、全盛期の作品と思われる。

        ①
本朝名所_相州江ノ嶋岩屋之図___一立斎広重画Sōshū_Enoshima_[___]Utagawa_Hiroshige_btv1b10526579j.JPEG

相州江ノ嶋岩屋之図 ↑
岩屋にいる人物に、襲いかかろうとする大波が、大胆でダイナミックな構図の
中心である。岩屋へ向かう道は大波の為に、しばしば通行止めになったと言
われる。

        ②
030961003.jpg

信州更科田毎の月 ↑
欠け月の位置と中央の右肩上がりの帯状に明るい構図が印象的である。


        ③
22451034177.jpg

薩多冨士(由比薩睡嶺) ↑
富士山と駿河湾の絶景で知られる由比宿と興津宿を結ぶ東海道の難所だ
った峠 


     ④
53973.jpg

遠州秋葉山 ↑
秋葉山本宮秋葉神社は防火の神様として、東海随一の霊山と言われ
創建は和銅2年(709年)である。
江戸時代、大火の多かった江戸からの秋葉山詣でが多かったと言わ
れる。

        ⑤
yjimage.jpg

天橋立 ↑
日本三景(松島 天橋立 宮島)の一つ。

        ⑥
本朝名所_拙州布引之瀧___広重画Sesshū_Nunobiki-no-taki_[___]Utagawa_Hiroshige_btv1b10526588h.JPEG

拙州布引之滝 ↑
(兵庫県神戸市灘区耶山町)
布引之滝は、生田川の上流にあって、水源は麻耶山の北側にある。
雌雄の二つに分かれたこの滝は、遠くから見ると白布を敷いた様に
見える為、この名前がある。古来から名高い滝であった。段々になっ
て流れ落ち 次第に大きくなっていく滝の景観が捉えられ、滝を眺め
る人物も、小さいが生き生きとしている。

タグ:浮世絵版画
nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/15 水都の水饅頭 [老舗銘菓巡り]

2019年6月15日
岐阜県大垣市は水まんじゅう発祥の地と言われる。明治初めに、水の都・大垣
ならではの、名水を生かした和菓子が生まれた。水の中に並べられるその涼し
げな姿は、大垣の夏の風物詩となっている。大垣は鈴鹿山脈に接し豊富な地下
水に恵まれ”水の都”と言われる。寛政10年創業の老舗和菓子店『金蝶製菓総
本家を訪れた。

        ①
DSC_0656.JPG

これが名物水まんじゅう ↑


        ②
DSC_0652.JPG

JR大垣駅の直近にある金蝶製菓総本家 ↑


        ③
DSC_0663.JPG

店先にある水槽を覗いてみると ↑
まんじゅうが入ったお猪口(ちょこ)が並んでいる。器に封がされてなくて、直に水に
冷やされている。
冷蔵庫がなかった時代、夏に冷たいお菓子がたべられないかと考案されたと聞く。 


        ④
DSC_0642.JPG

店頭にあるベンチで水まんじゅうを食することが出来る ↑


        ⑤
DSC_0660.JPG

小生がいただいた緑茶と水饅頭 ↑
水饅頭Ⅰケ:¥220円

タグ:老舗料理店
nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

6/5 味噌カツ・矢場とん本店 [和食専門店巡り]

2019年6月5日
今回、取り上げたのも味噌がベースのトンカツである。豆味噌を主材料とする
”八丁味噌を使い、鰹節 昆布などのだしを加えて独特の味噌ダレを考案され
た。昭和22年創業の味噌カツ専門店である。店名は創設時の名称「矢場の
とんかつ」を略称したことから(現大須に当たる)”矢場とん”として親しまれてい
る。

        ①
300px-Yabaton_Headquarters_(2017-09-01).jpg

矢場とん本社ビル ↑
店舗は愛知県に9店、 東京に2店、 三重県 福岡県 大阪府に各1店があり
海外にもバンコク(タイ)に進出している。 

        ②
150x150_square_31197222.jpg

店内風景
味噌かつが良く似合う、内装に雰囲気がある。

   《人気メニュー》
        ③
pict_mlist_01d_s.jpg

串かつ ↑
創業当初からのロングセラーメニュー
ロース串かつ 3本:432円 5本:702円 10本:1296円
ひれ串かつ  3本:540円 5本:810円 10本:1512円

        ④
pict_mlist_01b_s.jpg

わらじ とんかつ ↑
わらじ大のサイズが特徴
味噌だれとソースの2種類がある。
¥1296円

        ⑤
pict_mlist_01c_s.jpg

ひれとんかつ ↑
低温で揚げた 柔らかくて食べ易く、ヘルシーが女性に人気。
¥1296円


        ⑥
pict_mlist_01a_s.jpg

鉄板とんかつ ↑
焼いた鉄板にキャベツを敷き、揚げたてのロースとんかつをのせ、味噌をたっぷり
かけて仕上げる。¥1404円

        ⑦
pict_mlist_01e_s.jpg

味噌カツ丼 ↑
味噌だれがしみたご飯とトンカツのバランスが絶妙。
¥1188円

タグ:和食専門店
nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/25 名古屋城 『さつき展』 [造形美]

2019年5月25日
名古屋城西の丸広場で『さつき大会』が開催されている。銘木 銘花 鉢植え
盆栽など300点が展示。長年丹精込めて手入れされ、接木 剪定などの
技術を駆使して一つの作品に仕立てる。その造形美は芸術作品と言える。
以下、切り取ってきた作品をご披露いたします。

        ①
DSC_0634.JPG

芸術作品の域に達している作品 ↑


        ②
DSC_0613.JPG

説明板 ↑
さつきについての解説が書かれている。


        ③
DSC_0614.JPG

展示会場 ↑
中央上に南西隅櫓が見える。


        ④
DSC_0636.JPG




        ⑤
DSC_0617.JPG




        ⑥
DSC_0615.JPG




        ⑦
DSC_0626.JPG



        ⑧
DSC_0637.JPG




        ⑨
DSC_0632.JPG





タグ:造形美
nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/15 味噌煮込みうどん・山本屋本店 [和食専門店巡り]

2019年5月15日
土鍋で煮立った状態で提供される味噌煮込みうどん。アッツアツ麺を土鍋
の蓋に一度移し、ほんの少し冷ましてから いただきます。名古屋の味噌煮
込みは豆味噌を使うのが特徴で、豆味噌は煮れば煮るほど独特の甘みと風
味が美味となる。創業は明治40年という『山本屋本店』大門本店を訪ね
た。
 
        ①
topimg.jpg

食材はねぎ 揚げ かまぼこ 卵が定番。名古屋コーチンやカキ てんぷら ↑
などのトッピングが楽しめる。


        ②
yamamotoya-oomon02.jpg

山本屋本店 大門本店 ↑
名古屋市内に11店舗、一宮市に1店舗、岐阜県に1店舗、三重県に1店舗
合計114店舗。山本屋本店はフランチャイズ形式ではなく直営店のみの展
開なので、東海3県だけに限定している。


        ③
h1_storeguidance01.jpg

店内風景 ↑
客席壁面のレリーフが印象的。


タグ:和食専門店
nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5/8 岡崎城・五万石ふじ見頃に [近郊の花]

2019年5月8日
岡崎城公園にある藤は、樹齢120年 幹廻り2.4メートルにもなる。岡崎市
の天然記念物に指定されている。かっては城の入り口付近にあったものを
移植したもので、藤棚の面積は1300㎡もあると言う。
尚、今回の記事は5/1 に撮影したものであるが、インターネット回線の不調
で編集が滞り、掲載が遅れてしまいました、ので悪しからず。

        ①
DSC_0599.JPG

高さ100cmにもなる花スダレ ↑


        ②
DSC_0610.JPG

10連休中でもあり、若いカップルや家族ずれで大賑わい ↑


        ③
DSC_0607.JPG

天然記念物 藤の巨木 ↑
幹廻り:2.4メートル 枝は11メートル
このような名木が7本もある。


        ④
DSC_0606.JPG

五万石藤の説明板 ↑
撮影ミスで最下段の文章が欠けてしまった。


        ⑤
DSC_0602.JPG

滝の流れ落ちる様に咲く藤 ↑

        

タグ:近郊の花
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -